ゲシュタルト生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「フォーティアライブ」全曲解説

明日のボーパラ関西2で頒布するフルアルバム、
「フォーティアライブ」の全曲解説をします。
(詳細はこちら 試聴もできます 500円とお安くなっていますのでぜひぜひ!)

実は全曲に「別タイトル」をつけています。
クロスフェード動画でチラッと確認できるのですが、ここで由来も含め書こうかと思います。


1.Introduction -Starting Effect-
はじまりの歌。
このアルバムで、一番最後に出来た曲です。

収録曲が出揃ったあと、アルバムコンセプトのひとつである「40分のライブ」に
あわせるために制作された曲です。

僕の声も入ってます。

別タイトルは「intro」
そのまんまです。



2.D_MINE
二面性の歌。
実質的な1曲目で、アルバムの核の一部を担ってます。

歌詞が、いい方・悪い方の両方に捕らえられるように作りました。
二面性について歌ってます。

作ってるときは、「自分にしては曲がシンプルすぎるな」と思ってましたが、
いい曲になったんじゃないかと。

曲名の意味ですが、自分でもよく分かっていなかったりします。
「D」にいろんな意味を込めたのは確かですが。

今回の収録のために、再録音しました。
ギターが生音に変わったり、ミックスがだいぶよくなったりしてます。

別タイトルは「Dead and Destoroy」
「D」の意味はこれだけじゃないですけどね。




3.赤いスポットライト
歌の歌。
アルバムコンセプト「40分のライブ」に一番近い曲です。

「ライブ」がテーマの曲だったので、
アルバムのコンセプトが決まってすぐに収録することを確定させてました。

ライブって楽しいなーっていう感じの歌です。
スリーピースロックバンドの曲、というイメージで作りました。
歌詞はかなり感覚的に書きました。

今回の収録にあわせて、イントロを変えてます。
前のD_MINEからの流れに合うようにしています。

別タイトルは「Galileo Liver」
なぜガリレオなのかは... 分かるかな?



4.インスタント マイ ミュージック
嫉妬の歌。
一番毒を吐いてる曲です。しかも、無責任に。

いろんなことにイライラしているときに、突発的に出来た曲です。
歌詞も、あまり思ってないことまで言ってしまっています。
挙句の果てに自己矛盾的な状態になってます。「お前、シリーズ物作ってるやん」とか。

アルバムに入れるかどうか悩みましたが、入れました。

タイトルはピロウズっぽいですが、
曲は、作ったときによく聴いていたThe Mirrazの影響を受けまくっています。

Bメロの歌詞は、1番2番両方とも元ネタありです。
分かるかなー?

アルバムの流れとしては、ここからこじれていく感じです。

別タイトルは「みんなRevolutionaryのジャケットみたいになればいい」
The Mirraz感ぱねー!



5.trust game
裏切りの歌。
ここから2曲は、einnさん作詞です。

曲を先に書いてから、einnさんに歌詞を書いていただきました。
「こういうイメージで作りました」というのを渡して書いていただいたので、
かなりそこに寄せて書いていただけました。

今回の収録に合わせて、アレンジを変えています。
ミックスもだいぶよくなりました。

別タイトルは「"Help Me!!" In The Under World」
あんまり言うとアレなんですけど、まあ、助けてくれーってことです。




6.フェイク
終わりの歌。
この曲が、アルバム第1ブロックの終わりです。

この曲は、Number Girlというバンドを意識して作りました。

かなり楽しみながら作った記憶があります。
お酒飲みながら、勝手にeinnさんが公開していた歌詞に曲をつけたという。
そして、大体1日でアレンジまでやりきったという。

今回の収録のために、再録音しました。
実際のギターで弾くことを想定していなかったので、
指がもげそうになりながら弾きました。

リードギターがシンセになってるのは、音域的に無理だったからなのです。

別タイトルは「32ビットの狂ったハガネの振動」
クロスフェード動画で使ってるイメージ絵も、意識してます!



7.i can not
空中の歌。
何にも出来ないなーっていう歌です。

ライブで言うMC的な扱いで入れています。
ぼけーんとしていただけたら。

ギターは一発録り!よくミスらなかった俺!

ここから、アルバムの第2ブロック。
沈んでいくイメージです。

別タイトルは「何も出来ない part.2」
昔、「何も出来ない」という曲を出しているんですよ。




8.気持ちはいつも五分目で
諦めの歌。
ダサカッコいいを目指した曲です。

この曲はボカロPデビュー前に作った曲です。

最初は「カッコいいダンサブルな曲を作ろう!」と意気込んで作ってたのですが、
どこで何を間違えたか、どんどんダサい方向に走っていきました...w

個人的には、サビのベースラインは神がかったダサさだと思ってます!

そして、ストラさんにギターを弾いていただきました!
かっちょいいっす!!ワウ最高!


別タイトルは「BornOdori」
...思いつかなかったんです。




9.冷え切った街の空(8bit)
独りの歌。
いくつになってもさみしんぼ!

この曲は、確か会社の休憩時間中に歌詞を書きましたね。
...この歌詞を会社で書く時点で、かなり病んでるなぁ...

で、それを持ち帰って曲をつけた、っていう。

最初はロックな感じで作っていたのですが、
以前出したミニアルバムに間に合わせるため、
チップチューン的なアレンジにしました。なので、(8bit)。

別タイトルは「L-one-Ly」
「Lonely」という単語の中に「one」が入ってるなー、ぴったりだーということで。




10.フォーティアライブ
断絶の歌。
このアルバムで最後から2番目に出来ました。

アルバム制作中、何度も何度も「フォーティアライブ」という曲を作ろうとしたのですが、
途中で挫折していました。

どうしても、いろいろな事を盛り込みすぎようとして収拾がつかなくなってしまって。
仕方ないので、「フォーティアライブ」という曲は収録しないことにして、アルバム収録曲を一度確定させました。

ですがそのあと、「sync-loid:03」というコンピの曲募集があることに気づきまして。
「締切まであと10日しかない!なんか1曲作らないと!間に合わない!」
となったので、とにかく必死に曲を作ろうとしました。

そのときに浮かんだフレーズが「あなたは弱いってあなたが言う」でした。
コミュニケーションをとりたいのに、とれない。
そうじゃないのにな、というもどかしさ。
それならいっそ、ほっといてくれ。

そんな感じの歌です。

この曲を書いたあと、曲名をつけるとしたら「フォーティアライブ」しかないな、と思い、
この曲名になりました。

さすがに、アルバムタイトルと同じ曲がアルバムに入らず別のコンピに入ってるのはおかしいので、
この位置に入っていた曲をコンピに出しました。

P.S. 某ドラマで「だからお願いかかわらないで 私のことはほっといて」っていう歌があるんですけど、
それを聴いたときの「えー!フォーティアライブと歌ってること同じやーん!」感ハンパなかったです。


別タイトルは「(THIS IS MY)LOVE & POP」
このアルバムに別のタイトルをつけるとしても、これですね。




EX.darkpark's janitor
疑問の歌。
「sync-loid:03」収録曲。アルバムのアウトテイク的な曲です。

アルバムには入っていませんが、このアルバムの流れに沿った曲なので、ここで解説します。

専門学生時代に作った曲です。

あんまり深く語れないのですが、
「なんかそうじゃないと思う」っていうことが実際にあったので、
それをテーマに書いた曲です。

実は、「バンドやろうぜ!」って誘われたときに「じゃあオリジナルやろうぜ!」と言って
作って持って行った曲なのです。

なので、かなり演奏しやすい曲になっているはずです。

バンドは空中崩壊しました。

「フォーティアライブ」と「カマキリ」の間にこの曲を入れて通して聴くと、
より僕の意図した「フォーティアライブ」になるかと思います。40分じゃなくなるけど。



11.カマキリ
決意の歌。
別れて、決意する人の歌です。

僕にしては珍しく、ゆったりとしたテンポの曲です。
普段曲を作っていると、どんどんテンポが速くなっていくんですけど、
この曲に関してはそうならず、最後までこのテンポで行きました。

歌詞は、物語をイメージしながら、でもそれに縛られないように書きました。
静かに、決意するような感じです。

今回の収録に合わせて、再録音しました。
ギターを弾いたのですが、コードが押さえられなくて涙目でした。

ここから、アルバムのイメージとしては浮上していきます。
第2ブロックが終わります。

別タイトルは「Re_meet after me」
もう一度会うために。ということで。



12.Wake up, a people dance
目覚めの歌。
おはよーございます!

何なんでしょうね?
なぜか「Wake up, a people dance!」っていいまくる曲を作りたくなったので作りました。
ギターは大暴れしてますが、自分でも何してるのか分かりません。

この曲もMC的な扱いで入れています。

あと、アルバムに入れるにあたり、イントロ?を追加しました。
「いやー」と言っていたボーカルも修正しました。

ここから第3ブロック。
がっつり上がります。

別タイトルは「Oblique Edge」
とんがってたい!ということで。



13.明滅シンドローム
白と黒の歌。
希望と絶望を行ったり来たり。

何度も話したことがあるんですけど、この曲はある時突然「降って来た」曲でして。
歌詞もリフも歌メロもほとんど全部、頭の中にドンと姿を現した感じです。

5日かけて、それを必死に耳コピしたのはいい思い出です。

歌詞は、曲中で主人公が成長しているのを表現したくて、
2番の中盤あたりから漢字を多く使ったりしています。

そして、ストラさんにギターを弾いていただきました。
かなりカッコよくなりました!Aメロのミュートギター、それがやりたかったんです...!!
ギターソロも熱い!!


この曲の歌詞の最後が、「絶望へのアンサーソングよ 鳴り響け」なのですが、
この曲の後に鳴るのが「水色ウォーターワールド」なのです。
狙ってやったわけではないですが、これに気づいたとき、鳥肌立ちました。

別タイトルは「The Lightning Syndrome」
英語にしただけやん!とか言わない!


14.水色ウォーターワールド
愛の歌。


自分にとって初めての、そして今のところ唯一のラブソングです。
照れ隠しのようにテンポが速い!w

1年前に書いた曲なのですが、今でも変わってないな、と。良くも悪くも。

今回のアルバム制作を進める中で、自分にとって大切な曲になっていきました。
確か最初は、「短調な曲を作ろう!」と思って作り始めたはずなのに、
知らないうちにこんな曲になってました。短調ですらない気がする。

この曲で、アルバム本編は終わりです。
でもあと1曲、アンコールが残ってますよ。

別タイトルは「I Love Youを伝えたくて」
ありがとう。




15.悪魔的ビートは君に語りかける
後ろ向きな前向きの歌。
ネガティブなポジティブ的な。でもそれってネガティブだよね的な。

歌詞も曲もすごく遊んでいます。
歌詞に関しては、なんだかんだで、アルバムで一番面白いんじゃないかなと思います。
「紫色のキャベツ じゃなかった血液が」は自分の中で「キタコレ!」でした。たぶん伝わらないけどw
曲も、コロコロ変拍子してて面白いです。サビが15/16拍子!(だったと思う!)

ただ、歌詞のイメージは「後ろ向きなんだけど、必死に前を向こうとしてる けど抜け出せてない」という感じです。
まあ、そういうイメージですってだけで捕らえていただければ。

アレンジから先の作業は、全てBiRD(s)さんに行っていただきました。
絶対自分には出来ないアレンジだったので、うおおー!ってなりました。

今回の収録バージョンは、ニコニコ動画で発表したものとはマスタリングが違うのです。
BiRD(s)さんに新しく行っていただいたバージョンになります!
(元々は、このアルバムのためというわけではなかったのですが)

別タイトルは「Billboard Island」
意味はあるのですが、おしえませーん。



めちゃくちゃなげぇ... ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/23(土) 20:55:57|
  2. 1stアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「フォーティアライブ」のコンセプト

アルバム「フォーティアライブ」のコンセプトについて、語ります。

まず、「フォーティアライブ」という言葉ですが、2つの意味を持たせています。
それは、「for tear live」と「forty a live」です。

両方の意味について、軽く説明しようと思います。

「for tear live」は、(厳密な訳はたぶん違いますが)「涙のための生活」という意味を持たせています。

2年前からボカロP活動を始めたのですが、その頃から就職して独り暮らしを始めました。
で、独りが寂しいというわけではなかったのですが、
独りなので、体調や精神面で崩れちゃうと立て直すのにめちゃくちゃ時間がかかりまして。

それで、仕事とかプライベートとかでいろいろあって、精神面でかなり落ち込んだ時期があったんです。

そういう時期はあまり曲が出来なかったんですが、それでもいくつかは完成したんです。
そのなかにあったのが、「D_MINE」と「水色ウォーターワールド」です。
(他にも、冷え切った街の空とか出来てた気がします)

アルバムを作りたい、というのはその前からずっと考えてはいたのですが、
前述の2曲が出来てしばらくしてから、「この2曲を主軸にしたアルバムにしたい」と思うようになりました。
そして、この2曲を主軸とするなら、アルバムの世界観は、落ち込んだ・閉じた世界観になるだろうな、と。

というわけで、「沈んでいく→沈みきる→浮上する」という流れを意識した曲順になっています。

あと、これはアルバム名を決めてから気づいたのですが、
自分の曲で「涙」という言葉がよく出てきているんですよね。
意識していなかったので驚きましたが、結局のところ泣き虫なんだなー。



もうひとつの意味、「forty a live」は(これも厳密な訳はたぶん違いますが)「40分のライブ」という意味を持たせています。

自分はよロックが大好きなので、今回のアルバムは、
「ロックバンドの1stアルバムっぽいアルバム」にもしたいと思いました。

そこで、収録曲・曲順は、アルバム名からヒントを得て
「もし自分が40分のライブをするなら」という
コンセプトも意識して決めました。

ボーナストラックを除いた14曲で、40分(実は39分59秒ですが)になるようにしています。
ボーナストラックはアンコールという意味も持たせてます。
ボーナストラックも含めて、「フォーティアライブ」というアルバムです。
  1. 2013/03/23(土) 18:46:10|
  2. 1stアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頒布場所・日時、そして価格について

こんばんは。

アルバム「フォーティアライブ」の頒布日時・場所、価格も決まりました。
頒布日時・場所は、2013年3月24日(日)、VOCALOID PARADISE 関西2 スペース E-3「Copperion Records」にて委託頒布予定です。
当日、Y_Satohさんのスペースにお邪魔させてもらえることになりました。本当にありがたいです。当日はよろしくお願いします。

価格は\500です。安くても、全く手は抜いておりません。


そして、アルバム「フォーティアライブ」の収録曲を、一部ご紹介します。

「明滅シンドローム」
「D_MINE」
「カマキリ」
「フェイク」

これらの曲は、再録音しました。
中には、印象が変わっている曲もありますので、お楽しみに。

まだまだ、収録曲はたくさんあります。
他の収録曲は、またここでお知らせします。

あと、以前のお知らせでは「全14曲収録」とお伝えしていましたが、
1曲増えて「全15曲収録」となりました。
より濃密になりました。


アルバム完成に向けて、まだまだ残っている作業を頑張ってこなします。

近日中に、特設サイトがオープンできるかと思います。
では。

  1. 2013/03/03(日) 00:48:31|
  2. 1stアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「フォーティアライブ」

こんばんは。

ねこぜなおとこ、1stフルアルバム、「フォーティアライブ」。
2013年3月24日(日) VOCALOID PARADISE関西2にて頒布予定。

全14曲(ボーナストラック1曲含む)収録。
全曲、再ミックス・再マスタリング。
一部楽曲、再録音。
未発表曲あり。

収録曲や、頒布スペース、価格などのアルバムの詳細は、追ってお知らせいたします。

とてもいいアルバムになりそうです。
お楽しみに。
  1. 2013/02/17(日) 21:59:57|
  2. 1stアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レコーディング完了

こんばんは。

現在、ボーカロイドパラダイス関西での頒布を目指して、フルアルバムを制作中です。

昨日、やっと自分の担当分のギターレコーディングが終わりました。

自分の場合はまともにギターが弾けないので、
少し弾く→止める→タイミング調整 を繰り返す上に、
使っているギターが古いのかメンテしていないからか、チューニングを合わせても音が合わないという状態なので、場所によっては1音ずつチューニングしてたりします。

ギターコードなんてまともに押さえられないので、それはもう必死の形相で押さえてます。

自分だけではなく、他の方に弾いていただいた曲も何曲か入ります。
そちらの方は、それはもう華麗に素敵に弾いていただいているのでお楽しみに。



アルバム名についてですが、もう既に決めてます。
去年の8月か9月ぐらいに決めました。
近いうちに、その中から1曲、ニコニコ動画に投稿しようかと考えています。
こちらの方も、お楽しみに。

ジャケットも、依頼しています。
ラフは既に頂いたのですが、とてもいい感じになっています。


どんなアルバムなのかは、もう少し先でお知らせします。
自分のひとつの方向性における、ひとつの区切りになりそうなアルバムです。
  1. 2013/02/14(木) 22:40:59|
  2. 1stアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。