ゲシュタルト生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「START:CHANGES!!」

こんにちは、ねこぜなおとこです。

デスクトップの掃除中に、ブログの下書きが発掘されましたので、
タイミングを完全に逃していますが、ここでアップしておこうかと思います。

今年9月にニコニコ動画に投稿した、「START:CHANGES!!」というカバー曲についての解説です。


これは、ニコニコ動画上で毎年開催されている「J-POPカヴァー祭り」という
企画に合わせて投稿した作品です。

μ'sの「START:DASH!!」という曲と、Base Ball Bearの「changes」という曲を
無理やりくっつけて1曲にして、ボカロに歌わせたという、なんだかすごい作品になります。


下記が、ブログの下書きです。
投稿にあわせ、少し修正しています。

---------------------------------------------------------------------------

動画説明文の一行ポエムの「ここが、始まり。」は、
Base Ball Bearが「changes」を武道館ライブ(2度目の方)で演奏する際に発した一言から引用しています。
(そのライブの動画がこちら)



動画は、「changes」のMVを意識しています。
(公式MVはこちら)


モノクロのイラストでは、2年生組3人(穂乃果、海未、ことり)に、
「changes」のMVでのボーカルの小出佑介さんの服装をしてもらっています。
(2年生組なのは、ラブライブ劇中の1stライブにあわせて、ですね)
背景は「changes」に合わせてくださりました。

モノクロ→カラーになる流れも、「changes」のMVを意識しています。
(やきざかなさんが描くかよちんが見れるとは思っていなかった…!!)
(個人的には希ちゃんの笑顔も捨てがたい)

動画を作っている最中に気づいたのですが、
最後のサビの部分だけを見ると、
「Base Ball Bearの曲をVOCALOIDが歌っていて、動画にはμ'sが映っている」という、
謎すぎる状態になっています…!
なんだかカオスでいいなぁと思い、それでOKにしましたがw


実は、去年のJ-POPカヴァー祭りは、この曲を投稿しようと考えていました。
2年以上前から考えてたことになる…はずです。

最後のサビの直前の雰囲気がとても近かったので、
何とかくっつけてみたいな、と思ったのですが、
コード進行も全然違うので、まともにやってもくっつけられず、苦労しました…

一度、フルでデモを作ったのですが、どうしてもまとまらず、
結局お蔵入りになっていました。
(なので、実は去年のJ-POPカヴァー祭りに、「changes」と「START:DASH!!」のメロディを入れていました)

ただ、どうしても諦めきれなかったので、
少し方向性を変えて、作り直しました。
うまく出来て、本当によかったです。


「changes」パートでは、ライブ演奏でのアレンジからカバーしている箇所もあります。
(サビのライドシンバルとか、リフのシンバルとか)

実は左側で鳴ってるギターのオーバーダビング的に、
Junk Guitarという音源で打ち込んだギターを鳴らしています。
少しふんわりとした雰囲気が出ているのは、そのおかげです。



来年は…どうなるかなぁー
案はあるんですけど、今回以上にニッチになりそう&難しそうなので、またゆるーく考えます。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/28(土) 13:41:42|
  2. 曲解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J-POPカヴァー祭り2014 ネタ一覧

おはようございまっす、ねこぜなおとこです。

つい先日、マイマイさん主宰による「J-POPカヴァー祭り2014」が行われました。
みんなで、各自好きなJ-POP曲をカヴァーして、ニコニコ動画に上げようという企画でした。

そして、私も参加したのであります。
「フルドライブ」(KANA-BOON)と「Talking Machine」(9mm Parabellum Bullet)を、
メドレー形式にしてカヴァーしました。



今回のカヴァーでは、
「曲の中に別の曲のフレーズをぶち込みまくる」スタイルを採用しました。
どういうことかと言いますと、分かりやすい(?)例をあげますと、
「フルドライブ」の1番のサビで、右のギターが「ないものねだり」のメロディーを弾いている、
という感じです!
分かりにくい!w

という訳で今回の記事では、
「ぶち込んだ曲の元ネタ」を書いておきます。
曲中で出てくる順番に書いています!

耳コピでぶち込んだネタが大半なのと、曲に合わせてキーを変えている場合が大半なので、
分かりづらいかもしれませんが、ぜひ、この表を見ながらもう一度聴いてみてください!



フルドライブ

新呼吸 / Base Ball Bear
Black Market Blues / 9mm Parabellum Bullet
Stairway Generation / Base Ball Bear
ヒーロー / 或る感覚
ないものねだり / KANA-BOON
僕らのLIVE 君とのLIFE / μ's
START:DASH!! / μ's
です☆にーと!! / 大丈夫P
ラリルディスコ / ピンクリボン軍
君という花 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
ROCK-mode / LiSA
changes / Base Ball Bear
Living Dying Message / 9mm Parabellum Bullet
カラクリカルカレ / UNISON SQUARE GARDEN
負けないで / ZARD
ナチュラル / 或る感覚
盛者必衰の理、お断り / KANA-BOON



Talking Machine

ブリキノダンス / 日向電工
ふたりのきもちのほんとのひみつ / 赤﨑千夏/田村睦心
恋するフォーチュンクッキー / AKB48
ピース / SPARTA LOCALS
daze / じん ft. メイリア from GARNiDELiA
Cold Edge / 9mm Parabellum Bullet
Scenes / 9mm Parabellum Bullet
ワールズエンド・ダンスホール / wowaka
ラブノベルス / BiBi
女々しくて / ゴールデンボンバー
半透明少女関係 / ZAZEN BOYS
桜のあと(all quartets lead to the?) / UNISON SQUARE GARDEN
恋は渾沌の隷也 / 後ろから這いより隊G
ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪ / 工藤真由
アイデンティティ / サカナクション
フライングゲット / AKB48
ミュージック / サカナクション
Tell your world / livetune feat. 初音ミク


以上です!
ではではー!
  1. 2014/08/16(土) 20:25:17|
  2. 曲解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「浅き夢見しその後に」解説

ちょもらんまー!ねこぜなおとこです。
今年はこの挨拶を流行らせていきたいと思います。

さて今回は、2013年末に上げた新曲「浅き夢見しその後に」についての解説です。


この曲は、CUL誕生祭2013のために書き下ろしました!
サムネイラストは昨年の誕生祭に引き続き、骸音シーエでおなじみのDeinoさん!
お忙しい中、とても無茶を言ってしまったのですが、描いていただけてホントにありがとうございました!!

普段は、どちらかというと曲を先に作るのですが、
今回の曲は歌詞を先に作りました。
電車の中で、20分ぐらいで一気にほとんど書き上げました。
その時点で70行ぐらいあったのですが、削ることなく(むしろ少し書き足して)曲にしました。
そのせいで、ほとんど歌いっぱなしなのに4分越えるという...!

一応、CUL誕生祭のことを意識したワードを入れていたりします。
歌詞に表記していない箇所になりますが...

余談なのですが、最近、電車待ち・電車の中で歌詞を書くとめちゃ書けることに気づきました。
なぜかやたら書けるんですよね... 謎だなぁ

歌詞のテーマは、「繰り返す」です。一応。
繰り返していることっていくらでもありますけど、
それらひとつひとつが積み重なって、ひとつの結論になって、
その結論もまた、「ひとつ」になって、積み重なっていくんだろうな。
という、そういう感じです。相変わらずぼんやりしててすみません。



一方、曲の方も、歌詞を書きながら家に帰って、その後すぐに作りました。

歌詞の分量がとにかく多かったので、それを詰め込むのに必死でした。
自然とハイテンポな曲になりました。

Aメロでズドンっと(主にテンションが)落ちるのが面白いなぁと思っていますw
運動が得意ではない小学生が跳び箱を飛ぶ際の、助走の勢いの殺し方ぐらい落としてます。

ラスサビ前の、なんか両サイドでやんややんや言ってるところは、あえて歌詞表記していません。
どんな表記なのかは墓場まで持っていく所存ですよー(変なことは言ってませんが)
あそこはフィーリングで皆さんにも叫んでいただけたら幸いですw

残業がめちゃくちゃ多かったので、誕生祭に間に合うようにギターをレコーディングするのが
めちゃくちゃしんどかった記憶があります...
2番Aメロのひっちゃかめっちゃかギターで力尽きてますねw


という訳で、「浅き夢見しその後で」の解説でしたー
長文失礼しました。



あ、あと、どこまでできるかは分からないのですが、
ボーパラ関西に向けて、何かアルバムを作れたら、と考えています。
さすがに前作から1年じゃ凝ったアルバムは出来ないので、
ゆったりとしたものが作れたらな、と考えています。

ていうかあと2か月やん。 のんびりしてる暇ないな...
  1. 2014/01/05(日) 02:25:31|
  2. 曲解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「明滅シンドローム」解説 ~楽曲編~


あけましておめでとうございます、ねこぜなおとこです。

大変遅くなりましたが、明滅シンドローム楽曲編です!
まだ明滅シンドロームをご覧になってない方は、ぜひこちらを先にご覧ください!
すげえ動画になっております!
(「浅き夢見しその後で」の解説は後日... ひぃ)




という訳で、「明滅シンドローム」という曲についての解説ですが、
初出が2011年ということで(3年前?!年取るわけだ...)、
今までにもちょいちょい色々と解説してきていますので、さっくりと解説します。


自分の中で、いまだにこの曲を超える曲は書けてません。
それだけ、すごく思い入れもあるし大好きな曲なんです。


曲が出来た経緯は、今まで
「『あること』をしているときに、突然リフからアウトロまで全部頭の中に降ってきた」という
一部をボヤかして言ってきました。
その理由はいくつかあったのですが、今回の動画の投稿時期になって、
そのうちの一つが少しクリアになりました。
なので、今回の動画内や隠しシングル内に、『あること』についてのネタを仕込みました。

今まで言いたかったんだよぉ、という思いと、
あんまり言いたくねぇなぁ、という思いが両方あるので、
ここで直接は言いません。もし、ものすごく暇で気になる人は探してみてください。
そのうえでもう一度聴くと、分かる人は分かるんじゃないかな...w



頭の中に一発で歌詞・曲が出来たので、それを必死に耳コピしました。
耳コピなんてできないので、ガチで丸5日間ぐらいかかりました。
Bメロをコピーするときに「え、5拍子になってる...」と気づいたときは、俺はバカかと思いました。

実はギターソロの始まりの数小節が、2パターン降ってきていました。
採用されているのと別バージョンは、完売しているデモミニアルバム「COLLAGE MONTAGE e.p.」に
収録されたバージョンでのみ聴けます。
まあ、どちらかといえば当然今回採用されている方がカッコいいのですがね!


今回の再録Ver.は、昨年3月に発表したフルアルバム「フォーティアライブ」に収録されたものを、
ミックスしなおしたものになります。
今までで最長のmix期間だったんじゃないかな...

ギター演奏はストラさんです。Aメロのミュートギターには「そうだよこれだよー!!」となり、
ギターソロに「うおっほーーいい!!」とテンションダダ上がりしまくったのを覚えています。
ホントにカッコよくしてもらえて幸せです。





あと、隠しシングルに入っている3曲についても軽く解説しますね。
全てネット初公開曲・ここでしか聴けない曲となっております!
まだ聴いてない方は、隠しシングル見つけて聴いてみてくださいね!
では始めます!


2.意味はイミテーション

タイトルは完全にダジャレですね。
家に帰る途中で思いついたので、その日のうちに曲にしました。
元々隠しシングルは、この曲を除いた3曲で出す予定だったのですが、
この曲が突発的に出来たので、計4曲となりました。

自分が今までに思い付いたダジャレの中でも一番カッコいいダジャレです。これを言いたかっただけです。
歌詞もイミテーションな意味でして、あまり深い意図は入れてません。
サウンド面は、そのとき丁度聴いていた外道というバンド(活動40周年だとか すごい!)をイメージしつつ作ってみました。
元々は4分ぐらいあった(ギターソロっぽい何かがあった)のですが、
ちょっとくどく感じたのでカットして3分台にしました。

ギターが荒いです。あまり切り貼り編集してないとこうなるんですねー



3.ゲームセンターに行きたい

タイトルは完全にその時の思いですね。
ゲーセンに遊びに行きたくて仕方ないときに作りました。
(ちなみに、この曲を作ってから2014年1月現在までで2回ぐらいしか行けてない しかもまともに遊べてない)

サウンド面は、ZAZEN BOYSみたいに、音と音の隙間が広い曲にしたいなーと思ってあれこれしてみました。
久しぶりに変拍子をガンガン使いまくりました。こういう拍子にもメロディをスッと載せられるオラすごい。

ギター入ってないのでレコーディングが無くて楽でした。こういう曲増やしていきたいなー



4.明滅シンドローム のんびりremix
がんちゃん(@lattelatte21)による、明滅シンドロームのリミックスです!
以前、がんちゃん・ストラさんと3人で出した
スプリットアルバム「エルボー ニーハイ オーケストラ」に収録されていた音源です。

初めてこのリミックスを聴いたとき、「怪しい雰囲気!いい!」と思いました。
「のんびり」してねえよー!と思ったものです、懐かしい...

個人的に気に入っていたので、いつかネット上でたくさんの人に聴いてもらえたらいいなぁ、と
考えていたので、今回の隠しシングルに収録させていただきました。

がんちゃん、収録許可をくださってありがとうございました!!






という訳で、年をまたいでお送りした明滅シンドローム解説はこれにて終了です。

とても思い入れの強い作品になりました。
もしよろしければ、知り合いの方に「こんなスゴイのあるんだぜー」と薦めてみて、
「マイナーだけどカッコいいもの知ってるオレかっこいい」感を味わっていただけたら幸いです。

長文、読んでくださりありがとうございました。
  1. 2014/01/03(金) 00:01:35|
  2. 曲解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「明滅シンドローム」解説 ~動画編~

おはこんばんちはぐーてるもるげん。
どうも。
いまだに自分のブログの名前が覚えられない、ねこぜなおとこです。

少し前に、「明滅シンドローム」という曲の再録Verを投稿しました。



今回のブログは、前後2回に分けて、
この「明滅シンドローム」について語っていこうかと思います!
まずは動画編! 楽曲編は後日...!



MVは、アイデア・監修・撮影が私ねこぜなおとこ!
イラストがやきざかなさん!
ホームページ作成がMaesukeです!
前代未聞の、「実際に作成したWebページをキャプチャ」する形で制作しています!

そして、MVを実際に撮影したページを、特設サイトとして公開しています!
更に、そのページの中に、隠しシングル(明滅・新曲2曲・リミックス入!)が隠されています!
頑張りすぎた感じになっております!
ぜひぜひ、隠しシングルを見つけ出してダウンロードしてください!
(特設サイトはこちら 動画を見てからがおススメ!)



ここからは、MVについてひたすら語ります!


今回は、すごく前から作業していました。
実は、Maesukeに途中まで作ってもらって一度ボツにしてしまったので、
それを含めるととても長い...
(ボツにした分は、曲開始前とサビに流用されています)

ホームページの形にしよう、となったのが8月なので、
それだけでも4か月弱ですか...
数字にするととても長い...
(ボツ版は、最低でも今年4月から動いてたみたいです 7か月越し...!)
そんな長い期間作業してくれたMaesukeには頭があがりません。
今度、業務用チョコミントアイスをいっぱい送っておきます!


今回のMVには、今まで内緒にし続けてきた、
明滅シンドロームという曲が出来るきっかけになったことについての
ネタを散りばめています。

そのことについてのネタがある場所を、覚えてるだけ下記に書いておきます。

・2番サビのポップアップのタイトル。
・2番サビ後のメールフォーム。(これはそんなに直接的ではない)
・ギターソロ部分の写真。全く関係ないものの方が多いが...
 少しでも関係あるものは、例えば
  ・防犯カメラ。
  ・PCモニタが写っている写真。
  ・ソウルジェムとウィザードリング。
  ・僕が過去に上げた動画の一場面。
・ソースコード。
・隠しシングルの歌詞カード。行数...

今まで内緒にしてきたのは、僕のポリシー的な何かのほかにも理由があったのです。
割と最近、その内の一つがクリアになったので、今回、おもてに出してみました。

直接的ではないとはいえ、こういう風にバラしちゃうことで失われるものもあるとは
思いますが、一応2年前の曲だし、それでまた楽しんでもらえればいいな、と思い、
こういう形で出してみました。

あとひとつだけ、
とある人たちに言いたいのが、
「こういう形でやれや!出せや!特撮戦隊の主題歌じゃねえんだぞ!」です。



今回のMVの裏コンセプトは、サカナクションの「アルクアラウンド」のMVへのオマージュです。
とても好きなMVだし、このMVが無かったら、あんなに凝った動画を自分で作ったりしてません。
あと、何回か「アルクアラウンドっぽい」コメントを頂いたので...w
オマージュポイントを挙げておきます。
・1番サビ、最後のサビ。それぞれ「パラパラ漫画」と「動画」。
・ギターソロ明けのCメロ。「バラバラになっている文字が移動すると一瞬、完全な文字になる」。
・最後に、最初に戻る。「ループ構造」。(明滅の方は完全にループしてないですが...)

あと、アルクアラウンドではないですが、
どこかにこっそりサカナクションの「sakanaction」が写ってます。



最後に、MV・特設サイトに仕込んだ小ネタを、覚えてる分だけひたすら書いておきます!

・ギターソロ部分の写真が一番小ネタが豊富。
 ・ギターソロ部分に、ストラさんとやきざかなさんにちなんだ写真が入っている。
  ストラさん・・・・・ストラさんの1stミニアルバムが写っている写真。
  やきざかなさん・・・「焼魚弁当にだけごはんが入っていない」写真。縮小されていてとても分かりづらい。
 ・ボツにした動画のキャプチャも、何枚か写っている。
 ・なぜか、私のアルバムのクロスフェード動画の一場面が写っている。
 ・なぜか、放課後ティータイムのメンバーの上履きが写っている。
 ・なぜか、沙野カモメさんのアルバムが写っている。
 ・ギターソロ部分の写真は、大きく分けて「ねこぜなおとこが意図をもって仕込んでほしいと頼んだ写真」と
  「この中から使えそうなのを適当に使って、と頼んだ写真」に分かれる。パンダとかは後者。
・ソースコードに、隠しリンクのごにょごにょが...
・3番目のキーワードに関する小ネタが仕込まれている。そのキーワードの内容と場所がヒント。
・Dメロ部分がうまく読み込めなかったとき、Maesukeからのメッセージが表示されることがある。
・ホームページのアイコンはMaesuke作。
・高画質にしてフルスクリーンで見ると、自分のPCの画面っぽくて楽しい。


以上で「動画編」の終了です!

「楽曲編」は、また今度!

  1. 2013/12/08(日) 23:19:03|
  2. 曲解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「アルターワー・セツナウツル 解説 ~楽曲編~

前回の続き

えーと、それじゃあ今回は「アルターマエ・セツナウツル」(無料DLはこちらから)に収録されている曲の解説をそれぞれしていこうかと思います。



まずは、順番が入れ替わりますが、2曲目の「lock up」から。

作詞:einnさん、ギター演奏:ストラさんです。まじかっけえです!
自分に書けない歌詞・自分が出せない音で、こうやって力を貸してもらえるってありがたいです。

特にeinnさんには、歌詞を頂いてからすごく長い時間がかかってしまい(半年以上...10か月以上?)、本当に申し訳ありませんでした。
こうして形にできて本当に良かったです。

どうしても自分で歌詞を書いていないので、深くまで解説できないんですよね...
他の方の歌詞に曲をつけるときも、歌詞の意味や世界観などは考えず、パッ歌詞を見てパッと自分で歌ったままで曲をつけることしかできないので...
(だからWonder Aliceとかはあんなことになってるんですよ...w)


後日、ニコニコ動画に投稿したいと考えています。動画... 大変だー

「lock」って聞くと、なんだか仮面ライダー鎧武を連想しちゃいます。今日、放送開始だったのです。空からオレンジ。




で、順番を入れ替えましたが、1曲目の「一人はいやだ」です。

このミニアルバムで一番最後に出来た曲です。

ストラさんにlock upのギター演奏を依頼したのですが、本番レコーディング前に「こんな感じの音色でいいですか?」と確認用の演奏音源をくれたんですね。

で、その音源を聴きながら「あ、この音源使って1曲作ろう」と思っちゃったので作ってしまいました。
ギターの音は、その演奏音源の波形を切り貼りして構成しております。
なのでこの曲に関しては、ストラさんは「ギター演奏」というより「音ネタ提供」と言った方が正しいかと思います。

歌詞は、なんか夢みたいというか、ただパッと思いついたことを書き連ねた感じでありつつも、このミニアルバムを総括するような歌詞にしています。何も考えてないわけじゃないんです!w

音的な話をすると、1,2曲目だけ、ドラム音源が新しいものになっています。ええ音やでー。
こういうリミックス的なことは楽しすぎるので、またやりたいです。
ていうかそれでアルバム作っちゃったりしたいですw




3曲目、「メジャー/カウンター」です。

今回のミニアルバムの核となる曲です。

歌詞にめちゃくちゃこだわっておりまして、「意味がないようで意味があるんだけど、その意味に意味はない」んです。
なんのこっちゃ。
しっかり読むと、「ああ、そういうことか でも半分は分からん」となるかと。
もう半分もあるんですよー そういうことなんですよー

まああの、歌詞カードとかもアレですよねー

曲の方もリスペクトしつつ、結局違う感じになりました。
ダンサブルですね、踊ってくれると嬉しいです。

僕としてはとても面白く意味を込められたので、この曲、好きです。
後はみんなで考えよー

これ、「/」は全角でお願いします。半角はいやーん。




4曲目、「グッドバイ・サービス」です。

「なんか、こういうリズムのリフの曲、結構あるのなんで?」というところからスタートした曲です。
自分もそのリズムを使いつつ、変拍子というか小節の区切りを無視して色々やってます。

昔作った「ヒロインチック」とか「ファメントスカイスターズ」みたいな考え方で作りました。

こういう感じの曲、あんまりない...ですよね!

歌詞は、「多数派ばっかり見ててどうすんの、僕は僕だ、君は君だ」っていう感じです。

なんかいつも歌詞の説明は適当だなぁ...
自分も理解できてない(していない)ところで書いてたりするので、解説しきれないことが多いのです。
あえて解説しない(さっきのメジャー~とか)のもありますが。

ラスサビの「だから何だろう?」は、ちゃんと歌詞を打ち込んだのに「ラララララララー♪」と歌ってるようにしか聴こえなくて、逆にいい!となって採用されました。




5曲目、「Can't Undo Over Again」です。

ここから、急にラフなろけんろーに変わります。

この曲と6曲目のサウンド面は、the pillowsとか、どーらん美人というUTAUPさん(という書き方でいいのかな?)をリスペクトしてます。
こういう、ラフな感じがやりたくて仕方ない時期に作ったのです!

ギターがへたくそですが、これでも波形補正してるんですよ...w
逆に言えば、どんなにへたくそでも少し補正すればこれだけ出来る!みんなもやろう!さあ!

歌詞は、「間違えたって、やり直せばいい」という、珍しく前向きな方向性です。
自分の決意表明みたいなものです。そこまでたいそれたものではないですが。
歌詞に「少数派の隅の方 そこで十分だぜ」と出てきますが、自分は少数派で大いに結構、売れなくていい、やりたいことをやりたいだけやりたいようにやるぞ、という意味で使ってます。




6曲目、「I Need Feel」です。

この曲、「ラブライブ」というアニメを見ながら作りました。
「ラブライブ」を見ての感想文的な。

あのアニメを見て感じたのが、「なんかわかんないけどいい」だったんです。
あんまりああいうアニメ見ないんですけど、みんなが薦めるので見てみたら、とてもよかったです。

あの「なんかわかんないけどいい」は、間違いなく「初期衝動」なんだろうな、と思いました。

サウンド面も歌詞でも、そこを出せていればいいなと思いながら書きました。
削れたおっさんにどこまで出せたかは分かりませんが。
自分にしては珍しく底抜けに明るいですね。いい、とてもいいです。

少数派だろうが多数派だろうが、結局のところ、やりたいようにやってる人が、楽しんでいる人がいいなぁ、という答えです。

これ、一回自分で歌ってみたいなー、と最近思っちゃったりしてます。




さて、実はこのミニアルバム、シークレットトラックがありまして。
7曲目、「セツナウツル」です。

ぜってー「セツナ○○」って曲作らねーぞー!!って思ってたのですが、作っちまいました。
楽しくないのに僕たちは「あ゙ーもーギター!」って叫んできます。

この曲だけ、「さとうささら」さんを使ってます。
元々、シークレットにするつもりはなかったのですが、収録曲を考えていくうちに、なんだかそぐわない感じになってきてしまったので、シークレットになってしまいました。

サウンド面も、かなり異質です。
これ、ヘッドホンで、大きめの音量で聴くと、車が通っていく感じとかが少しリアルに感じられるかと思います。感じられるよね?!感じてください!
「バイノーラル」っていう録音形式がある(サカナクションがたまに使ってるやつです)んですけど、それの真似事みたいな感じで録音した音を使っています。

夜の街の中を歩きながら、歌っているイメージです。


歌詞は、自分の思ってること感じてることそのままです。

「なんだかタバコ吸いたい気分だな」とか「心臓から水銀のような液体が流れ出てるイメージだ」とか「自分はおかしいんだな」とか。
ミニアルバム名を関してるだけあって、この曲もやっぱりアルバムを総括するような感じになってます。




という訳で、ほとんど書き殴りのように解説文を書きました。
長文を読んでくださり、どうもありがとうございました。
自分に対しての備忘録的な意味もあるので、まあこんなもんです。

最後にもう一度書きますが、無料でダウンロードできるミニアルバム「アルターマエ・セツナウツル」は、現在好評公開中です。
こちらのサイトからダウンロードできますので、もしまだでしたら、ぜひダウンロードしてみてください。


ではでは。
  1. 2013/10/06(日) 22:26:15|
  2. 曲解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルターマエ・セツナウツル 解説 ~概要編~

おはこんばんちは、ねこぜなおとこです。
バンブラPとproject mirai2とユニゾンの桜のあととライブDVDとベボベの新シングルとライブDVDが楽しみすぎて首がもげそうです。間違えた、財布がもげそうです。
あ、あとまどマギの映画もあるのか!やべえ!!


10/5に、無料でダウンロードできちゃうミニアルバム「アルターマエ・セツナウツル」をリリースしました!
ダウンロードはこちらの特設サイトからどうぞ! アルターマエ・セツナウツル特設サイト




という訳で今回は、「アルターマエ・セツナウツル」(以下、アルタ前)の軽い解説をしようかと思います。
これを読めばアルタ前を100倍楽しめる!


まずアルバムのコンセプトです。

まあ、アルバム名でピンと来る人もいるかもですが、
椎名もたさんのニューアルバム「アルターワー・セツナポップ」から拝借しました!
というか、「アルターワー・セツナポップ」の非公式応援ミニアルバムという名目で作りました!!

という訳で、ここでも宣伝しますよ!!
椎名もたさんのニューアルバム「アルターワー・セツナポップ」は10/9RELEASE!!!もうすぐです!!
初回生産盤はMV集と一緒にブリキ缶ケースに入った特別仕様!! みんな買おうね!!わたしも買います!!
(その他、椎名もたさんのアルバムの詳細はこちら)


...というところから始まったのがこのミニアルバムです。
制作発表(というか制作開始)から20日での超速リリースです。
曲自体はほとんどストックしていたものなので、割と苦労はしませんでした。

コンセプト自体は実はきちんとしてます。ネタなのはアルバム名だけです。
「マジョリティとマイノリティについて」です。多数派と少数派、ですね。

椎名もたさんが過去にインタビューで『「マジョリティの中のマイノリティ」という言葉に感銘を受けた』と語られていたのと、自分も最近そういうところを思いながら曲を作ったりしていたので、丁度いいと思い、こういうコンセプトになりました。

有名な人とかモノとか、そうじゃない人とかモノとか、
メジャーだからとか、売れてないからとかに対して、今の自分が出す答えを入れ込んだつもりです。

あと、実は前回のアルバム(フォーティアライブ)でもあったのですが、「裏向きのコンセプト」もあります。
一応、コンセプトはギリギリ通せてる...はずw
今回はかなりわかりやすいかと。「それへの直接的アンチテーゼ」ではない、とだけ書いておきます。



ジャケットは栄知さんです。
以前、ツイッターに上げられていたイラストなのですが、一目ぼれしてずっと気になっていたので、今回、お借りいたしました。
ツイッターに上げられたときより、より綺麗にしていただきました。ありがとうございました!

歌詞カードのデザインは自分でやりました。
妙にサカナクションっぽさが出たりしてますねw
意味がなさそうなアレやコレも、意味はあるので考えてみてもいいんじゃないでしょうかー



くっそ長くなりそうなので、いったん記事を区切りますね。
次は、各楽曲ごとに解説していきます。
次回、「アルターワー・セツナウツル 解説 ~楽曲編~」お楽しみに!


PS:アルバム名のネタ解説はしませんよ?ネタの説明ほど自分の身が焦げる思いをすることはないのです。
  1. 2013/10/06(日) 21:38:56|
  2. 曲解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

曲解説「コラージュ・モンタージュ」

曲解説も、不定期にこのブログでやっていこうかと思います。
初回からくっそ長いです。



「コラージュ・モンタージュ」という曲です。
作詞・作曲が私、編曲がちゃぷPさんです。


この曲は元々、1~2年前に作った曲です。
ただそのときは、曲がよすぎる・僕にとっては曲が長すぎたために、歌詞をつけられずにお蔵入りしていました。

そんな曲が発掘されたのは、ちゃぷさんが「お蔵入りしている曲でいいので、アレンジさせてください」という募集をかけていたのがキッカケです。

お蔵入りしている曲や断片はそれなりにあったので、「はーい」と速攻で手を上げました。

そして、ちゃぷさんに渡す曲を決めるべく、お蔵入り曲を掘り返して探したところ、今回の「コラージュ・モンタージュ」が見つかりました。(このとき、タイトルは別のものがついてました)


ちょうどこのとき、CULコンピ2(raison d'être)に出す曲も作らないといけなかったのですが、「今ならこの曲に歌詞をつけられるんじゃないか」と思い、ちゃぷさんに「これ、CULコンピ2に出してもいいですか?」と提案しました。

その結果、ちゃぷさんアレンジVerとCULコンピ2のためのねこぜアレンジVerの2種類が生まれることになりました。

個人的には、両方オリジナルのつもりです。
オリジナルってどんな意味だっけ的な突っ込みはいりません!




曲名は、昔出したミニアルバム「COLLAGE MONTAGE e.p.」より引用しました。
このミニアルバムを出してから、ずっと「COLLAGE MONTAGE」という曲を作りたいな、と思っていたのです。


歌詞は、ちょうどお休みをたくさんもらえた時期だったので、5日間ほど家にこもって書きました。


最初は、直前にアルバムを出したこともあり、「今までに出した曲からイメージされるワードをちりばめた歌詞にしよう」としました。

その方向で一度書ききったのですが、「コレジャナイ!」感を感じたので、8割ぐらい捨てて、もう一度書き直しました。

それでもそのままの形で残ったのは、2番Aメロのカギカッコ内と最後の1行です。

2番Aメロのカギカッコ内は、アルバム「フォーティアライブ」についてのことです。
最後の1行は、「フェイク」という曲の1節にある「燃える燐(りん)のように光り」から着想しています。

その2つを残した上で書ききった歌詞のテーマは「選んだ選択肢を正解にするのは自分だ」ということです。
これについて語っちゃうと長くなりそうなので、また別の機会にします。

「歪に苦しんでいる成果へ 値と意味をつけるのは僕自身だ」という歌詞が、この曲で一番言いたかったことです。
あと、「言い訳するな」的なことも言いたいことです。



ちゃぷさんからのお話がなければ、この曲はこういうことにはならなかったでしょう。
本当にありがとうございました。大切な曲になりました。



CULコンピ2「raison d'être」に、私がアレンジしたVerが収録されています。
もしよければ、こちらから試聴してみてください。

現在、ねこぜアレンジVerもニコニコ動画に発表するべく、MV鋭意製作中です。
いつ完成するか分かりませんが、進んではいます。
気長にお待ちいただけると幸いです。

  1. 2013/07/03(水) 00:21:55|
  2. 曲解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。