ゲシュタルト生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涙が流れたそのあとに 解説 「楽曲解説・Android Execute」編

こにゃにゃちわ、ねこぜなおとこです。
2日連続更新ですぜ!

先日頒布開始しました新アルバム「涙が流れたそのあとに」の解説を、
4回に分けて行っております。

アルバムについては、こちら! 通販もしてるよ!

試聴はここでちぇけら!!



今回は3回目!「楽曲解説・Android Execute」編です!
今回のアルバムの中で一番力が抜けているというか、
気楽に作った曲を並べたゾーンになります。



9.ボツ歌詞を読み上げよう!のコーナー

試聴音源を聴いてもらうと分かるかと思いますが、そのままですねw

ちなみに、本当にスマホにこの歌詞が眠っていましたw
対処に困ったので、こんなことになりましたw



10.打ち上げ ~Maesukeと~

ここで、謎のテクノがやってきますw
何なんでしょうねこのアルバムは...w

Maesukeという友人との打ち上げの時の音声を録音しておき、
打ち上げ終了後、即、Maesuke宅に行き、Maesukeがトラックを作り、
僕が音声をサンプリングしました。

完成後、即日、Maesukeのサウンドクラウドにアップされました。

明滅シンドロームという曲の動画の打ち上げでした。
酒のせいもあってか、作ってる時は爆笑しながら作ってた...気がします。



11.C.V.C.V

正式名称は「Character Voice Character Voice」です。

最近めっきり作らなくなった、変な曲ですね。
ミックスとかは今の技術なので、かなり聴きやすい気がします。

曲名ありきで作った気がします。特にイメージはない...こともないですが...

...この曲、こんな短かったっけ?w



12.6秒ソニック

もっと短いのあったw

Vineという動画ツール?が流行ってるじゃないですか?
あれで曲のPV作れたら楽しいだろうな、と考えたのが最初です。

ただ、そうなると当然6秒の曲じゃないとダメだなぁということになり、
こんな曲を作りました。

Vineよく分かんなくてPVまだ作ってないですけど!!w

確か、この曲だけベースも本物を僕が弾いてます。
まあ、6秒ですからね。



13.二―ロク胴上げ事件

ねこぜなおとこの活動初期に作られながらも、なぜか今まで日の目を見てこなかった変な曲です。

今回、曲数足りねえ!ということで引っ張り出してきました。

確か、この曲を作ってる時に換気扇をつけてたんで、右の方から扇風機的な音が聴こえるようにした...
ような記憶があります。別の曲だったかもしれない...

歌詞は、すきなよーに解釈していただければ!
なんかテレビとか見てる時に書いた気がします。
2011年の曲だから覚えてないや...



14.ストロマトロイド(ねこぜvsストラVer.)

今回のアルバム収録に合わせ、ギターを再録音しました。
なんと無謀にも、ストラさんにギターバトルを申し込みました!

左で鳴ってるギターが僕で、右で鳴ってるギターがストラさんです。

僕は、あえてチューニングをしっかりずらして、さらによく分からないカポのつけかたをして弾きました。
一発録音です!

僕が先に録音して、それをストラさんに渡して弾いていただきました。
ストラさんには、「一発録りでお願いします!」とか「激しくお願いします!」とかお願いした気がします。

聴きどころは、一番最初のツインギターですね!
まさか、ストラさんとツインギター出来る日が来るとは...!
末代まで自慢できるでコレ。



15.シンセティック・ノヴァ

元々、ドラムンベースを作ろうと思い、
こんな感じかなぁ、と作った曲です。

ベースがよく分かんねー歌メロがよく分かんねーと言いながら作ったような気がします。
コードは、鍵盤を押さえていい感じの音を探しながら作りました。
いまだに、どんなコード使ってるのか分かりませんw

あと、歌詞が、今までのどの曲とも違う感じになっています。
こんな歌詞書けたんだなぁ...




16.2 Living Dead

明滅シンドロームのリミックスを作ろうとした曲です。

この曲を作った時期、サカナクションの「ユリイカ」という曲を聴いていまして。
「こういう曲なら俺にも作れる!いや!作ってみせる―!」と意気込んで作って見たのが、この結果です。

何だかすごい曲になったなぁ...
「ユリイカ」繋がり?で「街」という単語が歌詞に出てきてますね。




17曲目の「面談マキッチン」も、この「Android Execute」グループっぽい曲ですが、
あえて次のグループ「Scar the tear」に属させています。




16曲分解説しても、まだ10曲残ってるという恐ろしいアルバム...
調子が出てきてるうちに書き切ろうか、いったん整理しようか悩んでますが、
このノリで最終回「楽曲解説・Scar the tear編」を書きます!

お楽しみに―!

スポンサーサイト
  1. 2014/06/24(火) 20:46:04|
  2. 1.5thアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涙が流れたそのあとに 解説 「楽曲解説・After the tear」編

ドーモ、ネコゼナオトコデス。

先日頒布開始しました新アルバム「涙が流れたそのあとに」の解説を、
4回に分けて行っております。

アルバムについては、こちら! 通販もしてるよ!

試聴はこれでOK!


前回から、凄まじく期間が開きましたが、やっとこさ戻ってきました...!

今回は、「楽曲解説・After the tear編」でございます!
つまり、1~8曲目までを解説します。



1.~1月某日~
イントロダクション的なやつでございます。

掛け合いは、両方とも自分の声です。
シメサバツイスターズさんのひよこEPのオーディオコメンタリーを参考にやってみました!


2.ギャラルホルン
実質的な1曲目!
あのジャケットで、この曲名は熱いですね!w 分かる人にだけ分かればいいです!w

この曲は、元々、ボカロPになる前からありました。(歌詞は無かったですが)
ずっと気に入っていたのに、なぜか今まで発表せずでしたねぇ...
何故この曲でデビューしなかったのか!!w

今回のアルバムに収録するために、歌詞を書きました。
歌詞のテーマが、自分としてはGUMIに歌ってもらわないとしっくりこないテーマになってしまったので、
この曲のためにGUMIを導入しました。
今後は、基本的に特別なときに使う感じで使っていきたいなーと考えています。

歌詞のテーマ? そいつは内緒さ...!
考えてみると楽しいかと思いますよ。ヒントはかなり散りばめているつもりです。
都合上、そのときの想像で書いた部分が多いですが...

ちなみに、Bメロの仮歌詞として、「ついたあだ名は冷やし明太子」という、謎のフレーズがついていました。


3.Wonder Alice
einnさん作詞の、初期の名曲を再録音!

この曲のムチャクチャっぷりは、目に余るものがありますね。
ギターソロ何回やるんだよっていう。
なんでファンタジー調の歌詞なのに祭囃子のリズムになるんだよっていう。

当時は、音圧出したくて仕方なかったなぁ...
今回は、そのリベンジになりました...かね?




4.DAN DAN DANCE MUSIC
KANA-B○○N感全開!4つ打ちロック!

以前解説しましたが、歌詞は特に意味がないです。
まあ、全くないわけじゃないですけど、別に伝わらなくてもええやん!っていう感じですw

ニコニコ動画公開Ver.から、少しアレンジを加えてます。
イントロは、元々別トラックにする予定だったのですが、上手くシームレスに再生されなかったので、くっつけちゃいました。
「だんだんだんれぼ!」って言ってます。

あと、某フォロワーさんから「手拍子入れると、KANA-B○○Nっぽくなるよ」と言われたので、
Cメロあたりで入れましたw




5.darkpark's janitor
怪しいぞ!シンプルロック!

1stアルバム「フォーティアライブ」リリース時に、
同時にリリースされたコンピ「sync-loid:03」に収録されていた曲です。

元々、専門学校時代に「バンド組もうぜ!」と言われて、
「それじゃあオリジナルやりたいなぁ...」と考えて作った曲です。
歌詞も、そのときに色々と考えてたことを元に書いてます。

結局そのバンドは、1回も音合わせすることなく空中崩壊しました。

実は、ボツにする予定の曲だったので、
この曲のリフがD_MINEのBメロの裏に入ってたりしますw
「D」だけにね!




6.涙が流れたそのあとに
ねこぜ流レゲエは、謎の音楽になった。

このアルバムで、一番最後に出来た曲です。
どうしても、アルバムタイトルと同じタイトルの曲を作ろうとすると、
言いたいことがたくさん出てきてしまって、まとまりがつかなくなりますね...

「フォーティアライブ」のときもそうだったのですが、
言いたいことを一つに絞って、歌詞を書きました。

今まで、レゲエ的なリズムをやってみたかったのでやってみたのですが、
ダブというか、なんか変な感じになりましたw

僕の周りでは、意外と評判がよくて嬉しいなぁ、と思ってますが、どうでしょうか?




7.さよなら第十三惑星
(original song "レッド・ホット・チリ・ガール" by ちゃぷP)
ちゃぷPさんとのナイスコラボ!

元々、ちゃぷPさんが「僕の曲のオケでミリしらで歌をつけてもいいですよ」とツイートしていたので、
「アルバムに入れてもいいならやらせてください!」と乗っかった次第であります!

という訳で、ちゃぷPさんから、「レッド・ホット・チリ・ガール」という曲のオケをお借りしまして、
歌メロ・歌詞・調声・オケとのミックスは僕が行っています。

曲名にニヤッとする人もいるのではないかと思います...w

歌詞は、そのころに見ていたアニメを主題に歌っています。
あえて何のアニメかは言わないですが...
(あのアニメについて、好きだけどいまだによく分かってないのは内緒...w)



8.lock up
複雑に絡み合う、ハイテンションロック!

Webミニアルバム「アルターマエ・セツナウツル」に収録されていた曲です。
その時の解説があるので、今更、特に解説することもないのです...

アルバムVer.は、イントロを追加しています。

あと、この曲だけでなく、すべての既発表曲に言えることですが、
ミックスもし直しています。
かなり聴きやすくなったんじゃないかと思っています。





今回分は、実はかなり前に書いていた分があったので、
その部分は、記憶もかなり鮮明な状態で書かれてあります。

今は結構忘れてますが、必死に思い出しつつやっていく所存であります。

次回、「Exective Android」編!お楽しみにー
  1. 2014/06/23(月) 23:11:39|
  2. 1.5thアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涙が流れたそのあとに 解説 「コンセプト」編

ぐーてるにーはお。
ねこぜなおとこです。

遅くなりましたが、3月2日に行われたボーパラ関西、お疲れさまでした!
スペースに来て下さった方・お会いした方、ありがとうございました!!

今回から、新譜として頒布開始された1.5thフルアルバム「涙が流れたそのあとに」についての解説を、
なんと4回に分けて行っていこうと思います!
(アルバムは通販中!ぜひお買い求めくださいね! 販売サイト)


今回は、アルバムのコンセプトについての解説です!
長くなります!ぐへぇ!読みたい人だけ読んでね!




まずは、なぜ「1.5」とかいう中途半端な数字なの?というところから。

そもそも、僕はフルアルバムを神格化してる部分がありまして。
なので、フルアルバムを作るからには、中途半端なものは許さない。という自分のなかでの縛りがあります。

ただ、前作・1stフルアルバム「フォーティアライブ」から1年弱しか経っておらず、
既に決めていた2ndアルバムのコンセプトに合った曲もほとんど無かったため、
クオリティ的に満足できるものは作れない、2ndアルバムはまだ出せない、という結論になりました。

ですが、前作を作る過程で収録候補に挙がりながらも収録されなかった曲や、ストック曲など、
かなりの曲が、アルバム未収録状態でした。
そしてそれらの曲は、2ndアルバムのコンセプトにも、そぐわないものが多かったのです。

ならば、そういう曲たちを集めて作る、「B面集的なアルバム」であれば、
なんとか出せるんじゃないか、という結論になりました。

「1.5」という風に小数にしたのは、
Base Ball Bearというバンドの「CYPRESS GIRLS」「DETECTIVE BOYS」というアルバムが、
「3.5枚目のアルバム」としてリリースされているのを参考にしました。
(ちなみに、今回のアルバムのコンセプトも、上記のアルバムを参考にしました)



制作を始めたのが、イベントまで2か月を切った1月中旬でした。
必死の思いで曲をかき集め、形にしていきました。



そうやってかき集めた曲を、3つのグループに割り振って、収録しました。
つまり、「3つのミニアルバムのセット」な訳です。
(ジャケットも含め、デザインも3つのミニアルバムに即した内容になってます)

1つ目(1~8曲目)が「After the tear」つまり、「涙が流れたその後に」です。

2つ目(9~16曲目)が「Execute Android」。
これは、特に意味はない...こともないです。
リファレンスとしたアルバムのパロディですね。

3つ目(17~24曲目)が「Scar the tear」つまり、「涙が流れたその痕に」。


1つ目と3つ目で、聴いた感じのコンセプトの違いは感じないかもしれませんが、実はあります。
というか、あるなしクイズみたいな感じですかね...
3つ目の方が「ある」です。
ずっとやりたかったコンセプトだったので、出来てうれしかったです。

3つ目の「Scar the tear」がどんなコンセプトなのか、
曲を聴いて歌詞を見て、考えてみると面白いかもです。



短期間で形にしたアルバムなので、結果的に、僕の手癖がかなり色濃く出たアルバムになったと思います。
それでも、非常に多彩な曲が入っています。
どれか1曲でも気に入ってもらえる曲があったなら、とても嬉しいです。


次は、「楽曲解説・After the tear編」をお送りする予定です!
1~8曲目を解説する予定です、お楽しみに!
  1. 2014/03/10(月) 22:23:29|
  2. 1.5thアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涙ちょちょぎれるアルバム


おはよーございます。
ねこぜなおとこです。

いよいよ今週末!3月2日(日)に、VOCALOID PARADICE関西3が開催されます!
このイベントから、新しいフルアルバム「涙が流れたそのあとに」が頒布されますよ!

という訳で今回は、「涙が流れたそのあとに」について、
少し書いていこうかと思いますよ!

まずは特設サイト!!こちらをクリック!
全曲リストや、試聴なども出来ますので、ぜひご覧ください!


...といいつつ、ここにも試聴用クロスフェード動画をはっつけておきますよ!




現物はこんな感じになっております!
涙ジャケ


内部のデザインも、ハンパじゃないことになっております!
自分で作っておいてアレですが、ハンパじゃないですw


そして、収録曲も半端じゃない!
まさかの全26曲収録!!
せっかくなので、全角でもう一度、全26曲収録!!です!!
もりもり入ってます!

収録曲も多彩でございます!!
一部を取り上げますと、

・あの初期の名曲を再録音!和風ファンタジー・サンバロック!「Wonder Alice」!
・ちゃぷPさんの楽曲のオケに、ねこぜが歌メロをつけた!「さよなら第十三惑星」!
・初期のアングラ期に作られながらも、唯一未発表のままだった、最後のアングラ曲!「ニーロク胴上げ事件」!
・ねこぜなおとこ史上、最も再生数が高いあの曲で、ストラさんとギターバトル!「ストロマトロイド(ねこぜvsストラver.)」!
・滅多にやらないツインボーカル!そんでもってメロコア調!熱いハイテンションロック!「Goodbye Endless World」!
・デモ音源を投稿してから、1年半あまり... 衝撃の正式録音!ポリリズム的ロック!「カンジョウポスタは破り捨てて」!

他にも、盛りだくさん過ぎてヤバいです!



そして気になるお値段は、なんと驚き!
400円でございます!
せっかくなので、全角でもう一度、400円!!です!!

激安すぎてヤバいですが、これでも前作より利益率は上がってまして、
全くもって無茶な価格設定ではありません。
己の財布に厳しすぎるのも、よくありませんからね!



という訳で、ボーパラ関西3当日は、
スペースD-57,58!
「141hour records」にてお待ちしております!
(本人はあっちこっち出かけてるかもなので、いないときはまた来るのもアリです)


他にも、同じくボーパラ関西3にて頒布開始される
コンピレーションアルバム「VOCANOISE Vol.4」にも、参加しております!
新曲「People Name」で参加してます!26曲出しておいて、更に新曲!えらいこっちゃ!
試聴はこちら!




更に更に、アウトテイク集的ミニアルバムも、予定しております!

盛りに盛って待ってます!
2月3月は、ねこぜなおとこが熱い!見逃すなー!!
  1. 2014/02/26(水) 21:48:48|
  2. 1.5thアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1.5thアルバム、告知。

2ndアルバム、落としました。
1.5thで勘弁してください。

1.5thフルアルバム「涙が流れたそのあとに」
全26曲収録予定。
価格 \400。
ゆるゆる特殊仕様パッケージ。


収録予定楽曲(一部、順不同)
ボツ歌詞を読み上げよう!のコーナー
涙が流れたそのあとに
lock up
浅き夢見しその後で
Goodbye Endless World
DAN DAN DANCE MUSIC
面談マキッチン


2013/3/2 VOCALOID PARADISE 関西3 D-57,58「141Hour Records」にて、頒布開始予定。
お待ちしております。
  1. 2014/02/14(金) 00:32:39|
  2. 1.5thアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。