ゲシュタルト生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「フォーティアライブ」のコンセプト

アルバム「フォーティアライブ」のコンセプトについて、語ります。

まず、「フォーティアライブ」という言葉ですが、2つの意味を持たせています。
それは、「for tear live」と「forty a live」です。

両方の意味について、軽く説明しようと思います。

「for tear live」は、(厳密な訳はたぶん違いますが)「涙のための生活」という意味を持たせています。

2年前からボカロP活動を始めたのですが、その頃から就職して独り暮らしを始めました。
で、独りが寂しいというわけではなかったのですが、
独りなので、体調や精神面で崩れちゃうと立て直すのにめちゃくちゃ時間がかかりまして。

それで、仕事とかプライベートとかでいろいろあって、精神面でかなり落ち込んだ時期があったんです。

そういう時期はあまり曲が出来なかったんですが、それでもいくつかは完成したんです。
そのなかにあったのが、「D_MINE」と「水色ウォーターワールド」です。
(他にも、冷え切った街の空とか出来てた気がします)

アルバムを作りたい、というのはその前からずっと考えてはいたのですが、
前述の2曲が出来てしばらくしてから、「この2曲を主軸にしたアルバムにしたい」と思うようになりました。
そして、この2曲を主軸とするなら、アルバムの世界観は、落ち込んだ・閉じた世界観になるだろうな、と。

というわけで、「沈んでいく→沈みきる→浮上する」という流れを意識した曲順になっています。

あと、これはアルバム名を決めてから気づいたのですが、
自分の曲で「涙」という言葉がよく出てきているんですよね。
意識していなかったので驚きましたが、結局のところ泣き虫なんだなー。



もうひとつの意味、「forty a live」は(これも厳密な訳はたぶん違いますが)「40分のライブ」という意味を持たせています。

自分はよロックが大好きなので、今回のアルバムは、
「ロックバンドの1stアルバムっぽいアルバム」にもしたいと思いました。

そこで、収録曲・曲順は、アルバム名からヒントを得て
「もし自分が40分のライブをするなら」という
コンセプトも意識して決めました。

ボーナストラックを除いた14曲で、40分(実は39分59秒ですが)になるようにしています。
ボーナストラックはアンコールという意味も持たせてます。
ボーナストラックも含めて、「フォーティアライブ」というアルバムです。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/23(土) 18:46:10|
  2. 1stアルバムについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「フォーティアライブ」全曲解説 | ホーム | 頒布場所・日時、そして価格について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://697nekoze.blog.fc2.com/tb.php/5-b15399ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。